ホーム>雲仙の魅力

雲仙の魅力

雲仙の魅力

雲仙の魅力

雲仙は、国指定第一号の国立公園です。貴重な自然が守られてきた雲仙は、野鳥や高山植物の宝庫です。温泉で体をリラックスさせたり、地域の食材をふんだんに使ったグルメに舌鼓など、訪れたい魅力が数多くあります。雲仙のおすすめ観光スポットをご紹介します。

雲仙地獄

雲仙地獄

キリシタン殉教の舞台、水蒸気と硫黄の匂いに包まれる雲仙地獄は、雲仙観光の中心となるスポットです。「大叫喚地獄」や「お糸地獄」など約30か所の地熱地帯があり、活発に蒸気を上げています。訪れた際には、火山の恵みを利用した美味しい「温泉たまご」にも是非チャレンジしてみてください。

『雲仙温泉観光協会』

電話番号:0957-73-3434
営業時間:24時間(但し、夜間のライトアップは無し)

小浜温泉

2016627161157.jpg
小浜温泉

海辺にある温泉です。目の前に海のある温泉……。
海と温泉を一緒に楽しめるなんて、贅沢です♪

「小浜温泉」は、橘湾が一望できる素晴らしい景色を堪能できる温泉なんですよ。湯温と湯量は日本で一番だと云われているほどで、今ではこの小浜温泉で使っていない温泉を活用した「小浜温泉バイナリー発電所」が出来たほどなんです。

『小浜温泉観光協会』

電話番号:0957-74-2672
住所:長崎県雲仙市小浜町北本町14-39
アクセス:長崎市内から車で1時間30分

雲仙ロープウェイ

仁田峠ロープウェイ

雲仙ロープウェイは仁田峠の駐車場を起点に標高1333mの妙見岳までを結んでいます。四季を通じ、眼下に広がる絶景を楽しめると評判のスポットです。春はミヤマキリシマ、夏にはヤマボウシや新緑、秋の雄大な紅葉、そして冬の霧氷と四季折々違った表情が楽しめます。終点からは周辺の普賢岳、国見岳などへの登山コースも整備されています。

『雲仙ロープウェイ』
電話番号:0957-73-3572
住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙551
営業時間:8:51~17:31(4~10月) 8:51~17:23(11~3月)
定休日:荒天時運休有

島原城

島原城

松倉重政が、1618年から7年3ヶ月の歳月を費やして、有明海に臨み雲仙岳の麓に位置する森岳に築城した島原城は、通称「森岳城」と呼ばれています。白い五層の天守閣は晴れた日の青空によく映え、優美な被写体としても人気があります。館内は資料館になっていますので、キリシタン弾圧など様々な歴史も学べます。

『島原城』

電話番号:0957-62-4766
住所:長崎県島原市城内一丁目1183-1
営業時間:9:00~17:30
定休日:12月29日、30日

千々石観光センター

千々石観光センター

千々石海水浴場・雲仙岳を一度に眺めることができるスポット。休憩所として利用されることが多いです。

休憩スポットの駐車場には千々石展望台があってそこからの雲仙岳も迫力の景観です。長崎ならではのお土産やレストラン、しっとり柔らかく卵の能濃さがたまらない「千鶏カステラ」の製造直販があるスポットです。

住所:長崎県雲仙市千々石町丙160
アクセス:諫早から車で約30分
営業時間:8時~18時
定休日:なし
料金:カステラ一斤1,728円(税込み)
駐車場:無料(100台)

名物・じゃがちゃん

名物・じゃがちゃん

長崎特産のじゃがいもを揚げたものです。アツアツを頂いて下さい。

名物の「じゃがちゃん」が唯一食べられる場所が千々石観光センターです。完全オリジナルなので、雲仙市を訪れたら是非立ち寄って食べて見て下さい。長崎特産のじゃがいもを丸ごと蒸したものに秘伝の衣を付けて揚げてあるのですが、この衣がじゃがいもにマッチして、とても美味しいですよ♪

住所:長崎県雲仙市千々石町丙160
アクセス:諫早から車で約30分
営業時間:8時~18時
定休日:なし
料金:じゃがちゃん200円
駐車場:無料(100台)