ホーム>千々石観光センター>観光情報

観光情報

千々石町・清水棚田

2016627161328.jpg

清水棚田は千々石町のもっとも上流にある石積みの棚田で、初夏の田植え風景は地元の風物詩となっています。

2016627161425.jpg

ここでは棚田米や軽量野菜類が栽培され、棚田を守っている高齢者が地域活力の源となっています。

千々石・温泉神社

2016622162738.jpg

島原半島の各地には温泉神社という神社があります。
 
特に、雲仙市吾妻町の山田神、千々石町の千千石神、南島原市有家町の有江神、諫早市の伊佐早神は
 
雲仙岳にある温泉神社の分身末社として創建されたものとされています。
 
雲仙岳周辺に4箇所創建されたことから「温泉四面神」や「温泉四面大明神」と表記され、地元では「おしめんさん」と呼ばれてきました。
 
雲仙の四面宮を総本宮とし島原半島や諫早地域には20社近くの四面宮がありました。(※現在はすべて神社名が変わっています)
2016622163041.jpg
201662216318.jpg2016622163128.jpg
 

橘神社

2016612155324.jpg

国道57号に面して大鳥居があり、境内には北村西望による橘周太陸軍中佐の銅像や、いずれも地元出身である天正遣欧使節でローマまで赴いた千々石ミゲルと江戸時代中期の南画家釧雲泉の記念碑があります。

また、境内を含む公園は桜の名所としても知られています。

2016612155830.jpg

2016612155915.jpg

長崎県内では、長崎市の諏訪神社に次いで二番目の正月参拝者数を誇ります。

2016612155421.jpg 201661215555.jpg

緑のトンネル

春から夏の緑美しいころにできる自然のトンネル。この呼び名は道の両側から木々が生い茂り、まるでトンネルのようになることに由来しています。「長崎県で一番美しい道」と呼ぶ人までいるほど魅力的で幻想的な景色が広がる道です。

 

小浜町歴史資料館

小浜温泉の発展に大きな功績を残した本多湯太夫を中心に小浜温泉の歴史を紹介しています。築160年の本多湯太夫邸跡を歴史的遺産として保存しながら本多湯太夫の歴史や功績を紹介している「湯太夫展示館」は特に見物です。

小浜温泉・ほっとふっと105

2016627152836.jpg
日本一長~い足湯(105m)は小浜温泉を代表する景観です。足湯につかりながら見る大海原は心に残る素晴らしい風景です。
2016627153151.jpg
連日多くの観光客が訪れる、小浜町有数の観光スポットです。
2016627154155.jpg
敷地内には、無料で野菜などが蒸せる蒸し釜が解放されています。
2016627154220.jpg
玉子やジャガイモやトウモロコシなどを持ち寄って、美味しく簡単に調理ができます。(蒸しカゴは有料です)

岩戸神社

岩戸神社

樹齢300年を超える檜や杉などの巨木に囲まれ、静かなたたずまいを構える水源の森。

うっそうとした緑に包まれた岩戸神社は、古くから「岩戸さん」の愛称で地元の人々に親しまれている神社で、縄文人が住んでいたといわれている洞窟が御神体です。

所在地:〒859-1205 長崎県雲仙市瑞穂町西郷丁2322番地
電話番号:0957-38-3111 (雲仙市観光物産まちづくり推進課)
交通アクセス:島原駅から車で40分

千鶏カステラ本舗

ページ上部へ
メールでのお問い合わせ
電話番号:0957-37-2254