ホーム>千鶏カステラ本舗ブログ>日本語の美しさ
千鶏カステラ本舗ブログ

日本語の美しさ

今日はいつもと趣向を変えて、「日本語の美しさ」に着目してみたいと思います。
 
もの凄く個人的な話なんですが、特に日本語の「二字熟語」、「四字熟語」、「ことわざ等の慣用句」って素晴らしいなぁ、美しいなぁ、と常日頃から思います。
その割には間違った日本語(特に丁寧語や尊敬語)を使ってしまったりするんですけどね(笑)
 
 
例えば二字熟語の『闇雲(やみくも)』。
 
「何も先の見通しが無い様子」を言いますね。
 
曖昧な人の心や状況や、或いは世の常などをたった2つの漢字だけで言い表すんですからこれらの言葉を考え出した先人達は「粋」で「お洒落」だなぁと思います。
皆さんはそう思いませんか?そう思うのはきっと筆者だけではないと思うんです。
 
 
次はことわざです。インターネットで調べてみて、なぜかこれにしました(笑)
 
『高きに登るには卑きよりす(たかきにのぼるにはひくきよりす)』
 
意味は、「物事を成功させるには、まず身近なところから始めて一歩一歩堅実に順序を踏んで行わなければいけないという教え」だそうです。
 
人生に達観しないとこんなことわざは編み出せないでしょう。素晴らしいです。
 
 
 
ということで、言葉の歴史に全く無知な筆者が日本語の美しさについて説こうと思ったところで、「粋でお洒落だなぁ、素晴らしいなぁ」くらいしか書けません。すみませんでした(笑)
 
 
本日の千鶏カステラ本舗、千々石観光センターの天気は曇りです。
まだまだ寒い日が続きますが、皆様お体を大事にされてくださいね^^
 
 
美味しい長崎カステラのお店 千鶏カステラ本舗

   長崎観光や お土産探し等に 是非当店をご利用ください♪

 

201922112543.png

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.chidiwa.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/93